淡路島観光・1泊2日旅行②

 

こんにちは、sonmarinです。

大阪から車で1~2時間くらいで行ける「淡路島」へ娘と旅行に出発です。

大阪からだと日帰りでも遊びに行ける距離ですが、1泊2日でゆっくり、たっぷり観光します。

 

ホテル&リゾーツ南淡路島(DAIWA ROYALHOTEL))

宿泊は「ホテル&リゾーツ南淡路島

観光ホテルという感じを楽しめるホテルです。

浴衣姿で館内散策できます、食事にお風呂、お土産屋さんと楽しみました。

ホテルからの眺めも良かったです。

9:00 朝食の後チェックアウト、ホテルの入り口で記念撮影。

南国っぽい感じです、淡路瓦で出来ているのでしょうね。

 

淡路モンキーセンター

10:00 「淡路島モンキーセンター

海沿いの道を走って到着。

駐車場に車を止めると、入場券を買う為に前の建物へ行くと時間が早いせいか閉まっていて、「入り口を入ってから入場料をお払いください」と書いていました。

入口まで坂を上っていきます。見晴らし良く海がきれいに見えます。

入口に到着。右側の建物で入場料を支払い見学開始。

サルの餌が売っていたので買って、小屋の中からエサをあげました。

子ザルにあげたいのに、大きなサルが全部取っていきます。

ここの猿は野生なので山から下りてくる時期は、季節に関係するようです。

秋になると山で木の実を食べれるようになるので、ここに餌を食べに降りて来なくなるらしいです。

モンキーセンターのホームページでライブカメラの映像が観れるので、サルが下りて来ているのを確認してから訪れるのも良いかもしれません。

9月中旬にもなるとサルが下りて来なくなる日もあるそうで、今日はたくさんの猿が下りて来ていて、ラッキーでした。

おさるの顔出しパネル。

サルも鹿も見れました。みんな水を飲んだり、エサを食べたりのんびり過ごしています。

間近でお猿をのんびり眺めてから次に出発です。

 

おのころパーク

12:00 おのころパーク

色々と写真スポットがあります。

ミニュチュアワールドの世界の建物、童話の森を見てまわりました。

親指姫はこんな感じ。

子ども連れだと遊園地の乗り物も楽しそうした。

私たちは園内を一周して写真を撮るくらいなので、滞在時間は1時間ちょっとでした。

お店を通って出口を出て、お向かいの「産直市場おのころ畑」で美味しそうで安い野菜を購入。

 

赤い屋根

14:00 淡路の玉ねぎ、サツマイモ、野菜の他にお土産品も売っています。

ここの野菜も大阪より安くて良いものがありました。

 

たこせんべいの里

車で少し移動すると、「たこせんべいの里」があります。

色々なおせんべいが売っています。みんな大好きなので、お土産におせんべいを買って帰ります。

楽しみだった試食は出来なくなっていましたが、コーヒーは飲めました。

建物奥のガラス張りの向こうは工場になっていて、おせんべいを作くっているのが見れました。

おせんべいの製造工程も貼ってありました。

 

北淡震災記念公園

15:30 「北淡震災記念公園

1日目にも横を通ったので娘はすごく気になったそうで、帰りに寄りたいというので見学しました。

地震の起きる仕組みや、過去の地震についても資料など展示されています。

地震体験ができる、震災体験館もあり体験させてもらいました。

野島断層をそのまま見られる保存館もあります。

 

淡路ハイウェイオアシス

17:00 淡路ハイウェイオアシス

お土産を見たり、食事をしました。

明石海峡大橋を旅の最後に見て、大阪へと帰りました。

淡路島旅行1日目の観光はこちら↓

淡路島観光・1泊2日旅行①