母と娘の台湾・台北旅行3泊4日、1日目「鼎泰豊・士林夜市」

 

こんにちはsonmarinです。私にとっては初海外旅行、中国に留学に行ってきた娘を頼りに、3泊4日の台北旅行に行ってきました。

まずは1日目から、大阪関空国際空港~台北桃園空港へ出発です。

 

関西国際空港第2ターミナル~第5パーキング

初めて関空第2ターミナルへ自宅から車で向かいます。3泊4日の駐車料金はKIXカードで25%割引を利用して、5,490円になります。朝早くは関空まで電車やバスでも行けるのですが、帰りの飛行機の到着が遅い時間なので、遅延した場合電車が無くなることを考えて車で行くことにしました。

道はちゃんと下調べしていったのに、第2ターミナルに入る為の最後の左折を、間違えて直進してしまいました。また第1ターミナルをぐるりと回り、もう一度やり直し。2度目で無事に第2ターミナルに入り、第5パーキングに入庫できました。

6:00 まだ暗くて寒い中ターミナルビルに向かいます。

ピーチ航空~チェックイン

初めてのピーチ航空、行きは「シンプルピーチ」とお安いプランだったので、荷物はオプションで有料で1個3,200円、座席指定はスタンダードシート(一番安い)で1席690円かかりました。それを追加しても「バリューピーチ」で予約するより安く乗れました。座席は一番後ろを予約、リクライニング出来るのが良かったですが、お手洗いがすぐ後ろにあるので静かとは言えません。スタンダードシートは窓側の予約が出来ないのですが、3列シートに通路側2席、窓際は空席で私たち2人で乗れたのでラッキーでした。

反対に帰りは「バリューピーチ」の方がオプションを付けるよりも安く乗れる料金だったのでそちらで予約しました。受託荷物も1人一個無料、座席指定(プレジャーシート)も無料です。

ピーチ航空のキャンペーンを上手く知って利用できればもっとお安く予約できるのかもしれません。初めてで良く分からず予約しましたが、納得のお値段でした。ただ一つ最後に加算される支払手数料チケット1枚に付600円(2人往復分4枚=2,400円)は高いと思ってしまいました。

 

印刷してきたチケットでチェックインします。

危険物の持ち込みが無いか確認です。

出発前に予約のWIFIレンタル、第二ターミナルで受け取り

荷物を預けてWi-Fiのレンタルカウンターに向かいます。

ガチャガチャのコーナー、外貨両替出来ないコインを海外の方はここで使うと良いですね。

ガチャコーナーもピーチ航空搭乗口も通り越して、まだ奥にあるこちらの「関空まち処」のカウンターで受け取ります。

6:30オープンなのでしばらく待ちます。一週間前に価格コムから申し込んだグローバルWi-Fi、4日間台湾4G1.1GB/日プランが792円でした。カウンターが空いたら周りにいた方も待っていたらしく、並んで受け取りました。

保安検査・出国審査~KIXカードフライトポイント

保安検査、出国審査を済ませます。

検査のためにペットボトルを捨ててしまいましたが、検査後の待合室にウォーターサーバーがあったので中身だけ捨てボトルを持っていればよかったと思いました。

駐車場の割引を受けられる、KIXカードのフライトポイントを取得し忘れないように、出国検査の後に端末機に向かいます。国際線は出発エリアで往復分のポイントがもらえます。

こちらが搭乗口、ゲートをくぐるとプレハブみたいな建物で並び、寒かったです。

いよいよ飛行機に乗れます。空が明るくなっていました。

 

7:50発

機内でもらった「入国登記表」

見本の通り書きます。一番上の「苗字」の右横の欄はパスポート番号です。

4行目の右に職業の欄があります。職業って?会社員?とパニックになっていると娘が「home wife」で良いよとの事。

下から2行目の滞在先にはホテルの名前を書きました。その下の旅行目的は観光にチェックでOKです。

11:10着 入国審査に時間がかかりました。

両替は入国審査が終わってからしました。この日のレートはJPY=0.26910TWD

1日1万円と考えて4日分両替しましたが、余りました。

台湾の交通カード「悠遊カード」購入

台湾ではほとんどの交通機関や店舗での支払いに利用できるという、悠遊カードを購入します。日本のsuicaやICOCAという感じです。

自動販売機もありますが、記念になるものが良かったので地下のコンビニに行って悠遊カードを購入しました。地下にはコンビニが2店ありました。レジ横に吊り下げられた店と、聞けばカウンターに出して見せてくれるお店がありました。記念になるものというよりは、可愛いキャラクタ―ばかりだったので、お互い好きなものを選び購入。

ヨッシースタンプは100TWD、バツ丸は150TWDでした。このカード代の100TWDはデポジットだそうです。日本でも500円位しますよね。カードを返せば500円は日本の場合返金されますが、台湾の場合はチャージ分の返金でも手数料を引かれるので余分なチャージはせずに最終日には使い切る方が賢明です。

なので確実に使う分のみのチャージ、500TWDずつ購入時にしてもらいました。交通費のみの使用でしたがこれは後日追加でチャージしました。駅の切符売り場にある機械でも出来るので、追加も簡単です。

購入したカードで早速、MRT空港線に乗りましたがよく確認せずに乗ったのが、普通電車でした。次の駅で慌てて下りて引き返し、今度はちゃんと急行に乗車し台北駅へ向かいます。

車内はきれいでトランク置き場もちゃんとあり、2列シートもありUSBのケーブルがあれば携帯の充電も出来ます。無料WIFIもありました。

快適な電車であっという間に台北駅に到着。

 

鼎泰豊で小籠包を食べよう

お腹もすいたので「鼎泰豊」を探して歩きます。

やっと見つけた三越の中のお店。

50分待ちだったけれど歩き疲れていたので待つことに。お店の人は日本語で対応してくれました。

順番の番号の券と、注文伝票をもらいます。

注文は自分で伝票に書き込みます。

一番のお目当て小籠包。それとこの生ビール飲んでみたかったので嬉しかった、飲みやすいビールでした。この後のお店では出会えませんでした。

小籠包を持って来てくれた店員さんがショウガと酢と醤油をたっぷり小皿に入れてたれを作ってくれました。娘は酢が苦手なのにたっぷり入れられてげっそり。

食べ方のレシピもありました。

娘は炒飯がお気に入り。私は海老焼売かな。小籠包は期待が高すぎたのか、そこまでの感動は無く残念でした。

お会計は1000TWD位、物価は日本と同じ位ですね。

 

台湾夜市「士林夜市」

ホテルに荷物を置いてから、中山駅からMRTに乗り、士林夜市に出かけました。

明日からも色んな夜市に行く予定ですが、ここが一番楽しみでした。

雑貨屋さんなんかもたくさんあって、お土産のストラップやキーホルダーなど、ここで買うのがお勧め、安く売っていました。初日に行ったので買わずに帰ったのですが後悔しました。

食べ物もゲームもたくさんのお店があります。

巨大な魚釣りゲーム、1回100TWD。大きな台が回転して魚がお口をパクパク。娘がチャレンジしましたがなかなか難しいようですよ。見ているだけで目が回って酔いそう。

パイナップルジュース60TWD。甘くも酸っぱくもないのが特徴かな。ちょっと変わった形のパイナップルです。

ポテトボール50TWD。娘のお気に入りになりました。もちもちの揚げたポンデリングみたいな感じかな。

台湾カステラをカットして箱に入れてくれます。二人で食べきれない大きさで90TWD。ふわふわカステラ、りくろ―おじさんのチーズケーキくらいふわふわ。

一日いちタピオカしたいと楽しみにしていた娘のまずは1日目。老虎堂TIGERSUGAR。

夜市で娘が一番食べたがっていた、台湾の食べ物「ジーパイ」大人気でした。骨付き唐揚げですね。

 

台北での宿泊先は「シティスイーツ台北南西館」

大同区、台北駅と中山駅と北門駅の中間に立地しています。行きたい場所に合わせて駅を選ぶのも良いですが、中間ということでどの駅からもそれなりの距離はあります。

宿泊代は日程にもレートにもよりますが3泊でツインルーム朝食付きで3万円弱でした。

お部屋はこんな感じ、清潔感はありますが、建物と設備は古いと思います。

クローゼットは広くて、センサーライト。

おトイレ、隣はバスタブ、右は洗面台。シャワールームはバスタブの反対側に独立してありました。所々にひび割れが見られます。

ホテルの隣にスーパーがあるのでビールとおつまみを買って乾杯。箱のカステラは夜市で購入したものです。

ホテルのWIFIは上手くつながらず、3日間使いませんでした。

母と娘の台北旅行、1日目終了、2日目はこちら↓

母と娘の台湾・台北旅行3泊4日、2日目「十分ランタン・九份お茶」